便秘ってナニ?どうして起こるの?

便秘の定義

誰もが人生の中で一度は「便秘になった」経験があるのではないでしょうか。
便秘症とは「排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)」を言います。
要するに毎日お通じがなく、出たとしても硬い状態です。
それでも個人差がありますので、それでスッキリしている方であればOKです。
問題は、そのことによって腹痛や膨満感などを感じられている方です。

便は大腸を移動する際に徐々に水分が吸収されていきますので、何日も大腸にとどまっている便は、さらに水分が吸収されてカチカチになる・・・そうすると、ますます出にくい・・・という悪循環に陥ります。

そういうことは滅多にない、という方はまだ良いのですが、便秘が習慣になっている、という方は要注意です。とくに便秘は女性の方に多いです。

便秘の原因

さて、便秘はどうして起こるのでしょうか。
便秘は種類ごとに様々な原因があります。

●器質性便秘
腸そのものに通過障害がある場合です。
大腸がんやポリープ、腸管癒着、腸閉塞、開腹手術後、子宮筋腫のように、腸に何らかの原因がある場合に起こります。

●機能性便秘
機能性便秘は、さらに急性便秘と慢性便秘に分けられます。

・急性便秘
ちょっとした食生活の変化、精神的要因とうにより起こる便秘です。その外部要因が解消されることで、便秘も解消されます。

・慢性便秘
  ①弛緩性便秘
   お腹の筋肉の低下などにより、便を送り出す力が弱まり、腸の働きが悪くなることで起こる便秘です。
   高齢者、妊娠中の女性の方に多いのです。
   
  ②痙攣性便秘
   大腸のぜん動運動が強すぎるために起こる便秘です。日頃のストレスなどで腸が過敏に反応して痙攣した状態になっています。
   腹痛を感じることが多いです。
  
  ③直腸型便秘
   腸内に入ってきた便をうまく外に出せずに起こる便秘です。腸が鈍感になってしまい、便を出そうという気持ちを感じません。
機能性便秘は、外部要因が多いのです。
・食生活の乱れ(極端な小食、偏食)
・精神的ストレス
・加齢
・妊娠中
・自律神経の乱れ
・糖尿病
など、これ以外にも様々な要因が考えられます。

あなたの便秘の原因はわかりましたか?
急性便秘であれば、原因が解消されてしまえば便秘も解消されますが、器質性便秘の場合は腸に原因があるわけですし、慢性便秘は長らくの生活習慣や精神的要素によって引き起こされていますので、解消までに時間がかかりそうです。
それでもかならず便秘は解消しますので、焦らずのんびり構えていきましょうね。